中林産婦人科クリニック

メニュー
不妊治療について
  • 不妊とは
  • 不妊検査
  • 一般不妊治療
  • 高度生殖医療
  • 体外受精についてのリスク
  • カウンセリング・費用
  • 特定不妊治療費助成
  • 特定不妊治療費助成

    体外受精(特定不妊治療)は保険適用外ですので費用は全額自己負担となりますが、姫路市では体外受精、顕微授精を受けられたご夫婦に対し、費用の一部を助成しています。

    【対象者】(1)~(4)すべてに該当する方

    (1)姫路市内に住所がある法律上の婚姻をしている夫婦(単身赴任などで配偶者が市外に居住する場合でも申請はできますが、両方の自治体で申請することはできません。申請時点ではなく、治療開始時点で婚姻をしていることが条件になります。)

    (2)夫と妻の前年(1月~5月の申請については前々年)の所得の合計が730万円未満であること(所得の計算は児童手当法施行令を準用します)

    (3)特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断されている人
    以下の治療法は助成の対象外
    •夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療
    •代理母(夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの)
    •借り腹(夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を、妻以外の第三者の子宮に注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの)

    (4) 姫路市が指定した医療機関で特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けた人(医師の診断に基づき、やむを得ず治療を中止した場合についても対象となります)

    【助成内容】

    助成額
     1回の治療につき15万円まで(ただし、以前に凍結した胚の融解移殖の場合、採卵したが卵が得られない、または状態の良い得られないため治療中止の場合については7.5万円まで)

    助成回数
    ・新規申請される方 
     40歳未満の方 → 治療開始年齢が42歳までにつき通算6回まで
     40歳以上の方 → 初年度3回、2年目2回まで
    ・平成25年度までに助成を受けたことがある方
     年度あたり2回、通算5か年度10回まで

    ※平成28年度から新制度へ全面移行となるため、27年度末で通算年数や回数が残っていても新制度では助成が受けられない場合があります。
    年齢はすべて妻の年齢になります。
    1年度とはその年の4月1日から翌年3月31日までです。

    【申請受付期間】

    治療終了した日が4~12月の方 → 年度内(翌年3月末日まで)
    治療終了した日が1~3月の方 → 治療終了した日から3か月以内

    【申請書類】

    •姫路市特定不妊治療支援事業申請書
    •姫路市特定不妊治療支援事業受信等証明書
    •領収書(原本)
    •姫路市に居住する法律上の夫婦であることを証明する書類
    •夫婦それぞれの所得証明書
    •通帳・印鑑

    【申請受付】

    姫路市保健所健康課

    【お問い合わせ】

    姫路市保健所健康課
    〒670-8530 姫路市坂田町3番地 中央保健センター東棟3階
    電話番号079-289-1641

    ご予約