中林産婦人科クリニック

メニュー
不妊治療について
  • 不妊とは
  • 不妊検査
  • 一般不妊治療
  • 高度生殖医療
  • 体外受精についてのリスク
  • カウンセリング・費用
  • 特定不妊治療費助成
  • 体外受精についてのリスク

    卵胞発育・排卵誘発・黄体補充に伴うリスク

    卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
    卵胞発育・排卵誘発により卵巣が大きく腫れ、血管から水分が漏出して腹水や胸水が出現する状態です。入院治療を必要とする卵巣過剰刺激症候群の発生率は約5%です。卵巣過剰刺激症候群が疑われる場合等、身体の状態が胚移植に適しておらず、別の時期に胚移植を行うことが必要と判断された場合、同意を得た上で全ての胚の凍結保存を施行しております。以下の症状を認める場合には必ず医師にお申し出ください。
    腹部膨満感、嘔気、嘔吐、尿量、尿回数の減少、急激な体重増加

    採卵に伴う併発症

    穿刺に伴う膣壁からの出血・卵巣出血・感染の可能性、麻酔に伴う併発症の可能性があります。採卵終了時に経膣超音波で卵巣の状態、膣壁を観察いたします。膣内圧迫・輸液等の追加処置、入院していただき安静加療を必要とすることがあります。

    安全性

    体外受精により有病児の発生頻度が高いとする報告と変わらないという報告の両方が認められます。

    ご予約